書き込みについて

ネット上の無責任な書き込みにより、風評被害を受け業績を悪化させる企業が後を絶ちません。一般に悪評ほど世の中に拡散しやすいため、一度検索ワードの上位に表示されると、やがて手の施しようがなくなってしまいます。これを防ぐためには、早め早めの誹謗中傷対策が欠かせません。 誹謗中傷対策は、SEOや逆SEOの専門業者に依頼することができます。利用料金には成功報酬型と定額報酬型があります。前者は着手金プラス1サイトごとの報酬になり、後者は月額固定料金になるのが普通です。トータルした利用料は月額数万円〜数十万円と、業者によって大きな開きがあります。効果にも差があると考えられるので、まず見積りを取って検討することが重要です。

インターネット広告が本格化するのは1990年代からですが、わずかな期間で他のメディアを追い抜くほどの発展を見せています。2000年代からは検索結果で上位に入るため、多くの企業がSEO対策を採用するようになります。これと表裏一体なのが誹謗中傷対策です。ネガティブなイメージを抱かせないよう、顧客に見せたくないサイトの順位を下げる工夫が必要になります。 2010年代に入ると検索エンジンの高性能化により、ただサイト数を増やすだけの力技では順位の変更が難しくなっています。ですから現在の逆SEO対策は、検索エンジンの性質を十分に知っていなければ不可能です。誹謗中傷対策にも、かつてないほど専門的な技術が必要になっていると言えるでしょう。