限定すべきこと

ダイレクトメールは古くから利用されている広告手法です。DMとも言われております。内容を簡単に言いますと顧客にダイレクトに広告を発信し商品購入に結びつける名称です。現在では電子メールを使った商品案内もダイレクトメールの1つの方法です。電子メールはWEBページへ誘導し商品の宣伝や特徴をアピールし購入促進出来ます。特徴として広告経費が少なくて済みますがインターネット利用者に限定されます。お年寄りやインターネットを使えない方が除外されるので限定されたターゲット層になります。電子化が進むなかでも紙媒体(印刷広告)は絶大な人気と発信があります。はがきタイプやカタログを封入した印刷物のダイレクトメールは商品販売に欠かせない販促ツールです。

ダイレクトメールが人気の理由はやはり商品購入が即、結果に結びつくからです。印刷物の広告はとても有効的で郵送されたカタログやはがきを見て気に入れば電話注文する通販業者が多く利用しております。ダイレクトメールの制作、印刷や発送については現在さまざまな企画・システムを代行して行う業者があります。販促ツールとしての表現方法やデザイン、商品写真の撮影を行ないDTPデータ化、印刷工程、封筒やPP袋への封入作業から顧客への郵送まで一括して請け負う会社も存在します。自社でのダイレクトメール作成や分離発注は社員の作業(労働)が必要となるのでトータルとして考えれば専門業者へ一括発注する方法は合理的とも言えます。検討することをお勧めします。